新着情報

前ページspaceTOPページspace次ページ

2012/01/30  1月の終わりに

2012年の1月がゆっくりと過ぎていきました。ゆっくりだったと感じることが個人的に嬉しく感謝です!

1月は礼拝を2回使って再臨待望セミナーDVDを見ました。午後も連続で4回のセッション全てを学ぶことができました。反キリストの学びになったとき それまで読み込んでいたPCが不能となり びっくりしましたが、祈りつつ急きょテレビに切り替えて大切なメッセージをいただくことができました。42型のテレビは引っ越すことになったメンバーの方がプレゼントしてくださったもの。この日のためかと思うほど、鮮明な画像で黙示録の解き明かしを聴くことができました。

また、モンゴルに宣教師となって6月に派遣される高橋先生ご夫妻をお迎えして宣教チャレンジナイトを開きました。丁度お母さんたちの祈り会の時間に行いましたので、ほとんどが子育て中のお母さんたちでした。子どもたちもモンゴル宣教という人生の選択肢があることを知るチャンスに! 自由すぎる!?会場の設定で子どもたちも思い思いのスタイルで アツいメッセージを聴きました。モンゴル宣教応援したいです。

締めくくりは夫婦DE晩餐会♪ 毎回感動する素晴らしいミニストリーに嬉しく感謝! 今月も目を見張るご馳走でした。それって大きな魅力ですね、お料理の達人が何人もいるってすごいことだと思います。

毎回のお題も主が知恵と気づきを与えてくださいます。今回は「心の中で相手を裁いていること」を暴露して懺悔!でした。ちょっと重い気がしますが これがみんなで話すと実に楽しく愉快に笑い飛ばせるから不思議です。夫婦二人で話すなら話さなかった方がよかったという結果になりそう・・・本音が出せる貴重なチャンスを楽しく真剣に味わっています。

来月は頭に韓国のアウトリーチチームをお迎えします。祈りつつ待ち望んでいます。

2012/01/09  お餅つき

8日の礼拝後にお餅つきをしました。年末に南三陸町で60キロのお餅をついてきた牧師先生の勢いで?教会でもやることになったのです!

大きな臼をいただきました。見ごたえのあるお餅つき大会に男性軍は勿論婦人の皆さんも大活躍です。取り巻く子どもたちも大喜びで つきあがるお餅を楽しみに歓声を♪

そんなイベントのお陰で、CS教師たちは クリスマス会の感謝&反省会を 時間を気にしないでできました。
過去ベストを更新した去年のキャンプとクリスマス会でしたが、今年は教会から小学校に出ていく計画がアツく練られ計画されました。挙行されるのは一ヶ月後です。

外からゲストを呼ばなくても内々で十分キャラクターが揃う!幸せを確認し、アイデアを集めることになりました。今年こそしっかり出ていく年に!!! そして刈り取る年にして頂きたいですね。

今来ている子供たちの関心は何と言っても洗礼です。
それも感謝です。霊の戦いをしっかりと立ち上がって戦える神の兵士が育つことが 教会の目標です。

大きな教会より強い教会に成長させてくださいと祈りつつ歩みたいと願っています。「早く食べないと硬くなるよぉ」というお呼びの声にあわてて立ち上がった教師たち、3色に盛りつけられたお餅をごちそうになりました、感謝!

2012/01/03  2012年 元旦

過ぎ越しの祈りで閉じた2011年の終わりと2012年の始まり。毎回ですが一年の恵みを数え、ヒツジから牛になった?お肉とパンをいただき新年を感謝して迎えました。

元旦礼拝と日曜日が重なった今年、牧師先生たちは助かりましたね!? うちだけでしょうか??

上田キリスト教会では毎年元旦礼拝は午後2時からです。一年で一番短い礼拝ですが、毎年礼拝者が増え続けています。帰省された方々もいるからですね。子どもたちと共に上田に帰って来られた方々に久しぶりに会える幸せを噛みしめます。

今年は先週のクリスマス礼拝に続いて洗礼式が行われました。しかも千曲川で!若い姉妹といえどもこの寒い信州の千曲川で浸礼のバプテスマは思いつきませんでした。ご本人とご両親の熱い願いにより、岸には氷がしっかり張っている川に足を入れましたが 周りから本人の代わりに?悲鳴が!

骨の芯まで水に浸されたことでしょう、水から上がってもしっかりと立っておられる姿に みんな感動、感動! 若い日に創り主に出会い、自分の罪を認め、方向を変えて神と共に歩む人生をスタートした姉妹の信仰に祝福が豊かにありますように。

横づけの車に乗り込みお風呂に直行♪した姉妹を見送って帰る皆さんの顔も輝いていました。この日だけはそれでも気温が高く、翌日は雪降りでしたから どれだけ主が ふさわしくお天気をお与えくださったか感謝しないではいられません。

今年も主に期待し、主に信頼し、従順に歩むことができますように。悔い改めこそが闇の時代の希望だと語られた礼拝のメッセージがずっと内側をめぐっていました。

line

前ページspaceTOPページspace次ページ



- Topics Board -